笑うことを恐れない、とにかく笑う!

回復期の頃は、自力で大きな表情を作ることは後遺症の共同運動を招くため、あまりしないほうがいいのですが、
陳旧性麻痺の時期に入ると、もう共同運動の回路が新たに生成されるわけではないので、大きく動かしてもさほど支障はありません。

PR 広告

 人目を気にするあまり、自分の顔で素直に感情を表せなくなっている人も多いと思います。

表情筋にはその名のとうり感情を表出する、という役割もあります。

手を上げるから怒る、という言葉もありますが、ポーズを作ると感情もそれについてくるものです。

笑った顔を作ると気分も明るくなります。

時には顔など無視して、気の置けない近しい人とおおいにバカ話でもして下さい。

まだ人目が気になるようなら、まずは一人で、時にはおかしな動画などを見て大口あけて笑いましょう。

呼吸が深くなり血流もよくなって、顔やからだにいいのはもちろんですが、何より精神面が安定してきます。

 HOME       顔面麻痺の知識   陳旧性の麻痺になったら   リハビリ グッズ

 PR 広告