顔面麻痺に有効な LLLT レーザー治療。有効な理由、費用 など。

LLLTと呼ばれる内科的レーザーの照射が顔面神経麻痺に有効とされています。

PR 広告

弱いレーザー光を当てることによって、組織・臓器レベルでの血行改善や新生血管の増殖を促し、 痛みがある場合はその痛みも軽減させます。

的確な種類、強さのレーザーを照射すると、血管が拡張し、血液が抹消まで行き渡るようになるためです。

レーザー治療であれば何でも効果があるというわけではありません。

あてるレーザーの種類と強さを選択できる病院を選ぶことがキモです。

重度によって照射する回数や期間も違いますが、末梢性の顔面神経麻痺の場合、週一回の施術で一ヵ月ほど通うことになります。

鍼灸治療と同じように、急性期の初期治療を終えたばかりの、早期の回復期ほど効果があるようです。

鍼がどうしても苦手、という人にもありがたい治療ですが、きちんとした施設であれば、一度の施術(レーザー照射)で1万円以上かかるのが一般的です。

HOME  顔面麻痺の治療  顔面麻痺に関する本・DVD

PR 広告

 くる 天 人気ブログランキング         にほんブログ村 健康ブログ