トレーニング 裏技 (特に中年以上の女性向き)

中年過ぎの人におすすめのやり方です。

PR 広告

基本的なものとは別に、どちらかというと美容面にアプローチするトレーニングのコツ、をある医師からうかがったので書いておきます。

眉毛を中央に寄せて真上を向き、額に皺を寄せようとするトレーニングがあります。
(トレーニングの手順 1 参照)

中年過ぎの人なら思い当たるでしょうが、長期間このトレーニングをしていると、顔の動きはよくなってくるかもしれませんが、逆に眉間や額に、癖がつくように皺が定着してきます。

こういう皺をつけないようにするやり方です。

両手のひらで目をすっぽりと覆い、(目は開いたままでいられるように、目の周囲だけは手のひらを浮かせるようにします。)その掌で、眉間や額に皺が寄らないように押さえながら、手のひらの裏で上記のトレーニングを行います。

(手のぬくもりで顔がほんのり温かくなります。)

この状態で、顔は皺が寄るように動かしますが、手のひらは逆にそれを押さえて皺が寄らないようにします。

手のひらで蓋をしているため実際には何も見えないのですが、手のひらの裏で、ちゃんと真上を見るようにします。

このやり方が熟達してくると、顔の表面が温かくなるばかりか、頭頂部や後頭部まで活性化いてくるのがわかるはずです。

同じやり方は、口を横に開いてイーッというトレーニングにも使います。

頬の側面を手のひらで押さえて、イーという時に頬や目の下に皺がよらないように意識します。

手を当てずに行うより、顔全体や耳の後ろまで活性化する感じがわかると思います。

ただし、何度も書いていますが、こういったトレーニングも、回復期初期の頃は共同運動の元になるのでまだ始めず、かなり動かせるようになってから始めるようにします。

また、他のトレーニングと同じように、口を動かそうとしているときは目に力が入らないように意識し、目を動かそうとしているときは口に(特に上唇)  に力が入らないように意識してやります。

HOME     リハビリ  トレーニング   トレーニングの手順 1   トレーニングの手順 2

してはいけないトレーニング  トレーニングを始める時期

PR 広告

くる 天 人気ブログランキング         にほんブログ村 健康ブログ