頬を膨らませるトレーニングについての補足

トレーニングの手順 1/2 の、トレーニングについての補足です。

PR 広告

口の中に空気を入れて両頬を膨らませるトレーニングですが、口元が完全に閉じないとできない動作なため、この動作がまったくできない、という人はけっこういるようです。

私もかなりの長期間この動作ができず、陳旧期に入った今でも、肩が凝っていたりするととたんにできなくなります。

鍼の先生に、だんだんにできるようになるコツを聞いたので書いておきます。

・首、肩をストレッチして柔軟にしてから行う。

(特に肩胛骨が柔軟に動くようにストレッチしておく)

・麻痺側の、下の歯茎と頬筋の裏側の間(下唇の内側も含め)を舌でなぞってマッサージしてから行う。

. 姿勢を良くし、深い呼吸を意識してする。

・口の閉じない箇所を指で押さえながら行う。最初は、手を添えて押さえる範囲を広くし、手応えを感じ始めたら、だんだんに添えている範囲を狭くしていく。

・歯を食いしばらないようにする。上下の歯はなるべく触れていないようして行う。

・ちょっとしたコツですが、遠くの一点を見つめながらやるとやりやすいです。

・時には入浴時に水を含ませて練習する。口の内側に感覚がよく行き届くため上達しやすい。

トレーニングの手順 1/2
トレーニングの手順  2/2

HOME     リハビリ  トレーニング

してはいけないトレーニング  トレーニングを始める時期

PR 広告

くる 天 人気ブログランキング         にほんブログ村 健康ブログ