病院と治療院について

はりどんな種類の顔面神経麻痺でも、発症したらまずは耳鼻科に行きます。

PR 広告

他に疾病が考えられる場合は脳外科などに回されますが、ほとんどの初期治療は耳鼻科での点滴や注射による内服治療です。

病院でじゅうぶんに炎症を抑えたところで、とりあえず急性期を脱した、ということになります。

問題はそれ以降、回復期にはいってからです。

ここからがリハビリとなり、鍼などの治療院のお世話になるとしたらこれ以降からになります。

早まって病院に行く前に治療院に駆け込んだとしても、良心的な治療院なら必ず、まずは耳鼻科へ行くように言うはずです。

鍼治療は急性期を脱した直後であればあるほど効果があると言われています。

神経の経路をスムーズにして麻痺の症状を和らげるとともに、下に顔面神経麻痺が回復していく表がありますが(下手ですみません(-.-;)。汚い表ですが一応大学病院の資料から起こしたものです。近々修正するです。)

untitled

この、治癒率が100%に近くなる時期をどれだけ早めるか、どれだけ100%に近くできるか、が鍼治療の主旨になります。

回復期に入って間もなくならともかく、時期を逸してしまったなら、亜急性麻痺が悪化した時の駆け込み寺的に行く、ということが多くなると思います。

保険が適用できるところもありますが、ほとんどが保険適用外ですし、立地的な条件もあり、自分にあった治療院を見つけるのは悩ましいところです。

どうしても鍼治療をしなければならない、というわけではないと思うので、もし条件的にいい鍼灸院に行くのが無理な場合は、妥協していいかげんな治療院にはいかない方がいい、と個人的には思います。

鍼の代替として近赤外線治療をとり入れているいい整形外科や整骨院を探すのも一つの手です。

またそれもなかなか難しいという場合は、経験から言うと、悪化している時はケアに気を配り、神経とからだを休めてリラックスするだけでずいぶん状態は変わってきます。

鍼灸・レーザーなどの施術について雑感 参照

HOME  顔面麻痺の治療  顔面麻痺に関する本・DVD

PR 広告


「小沢式」顔面神経麻痺改善プログラム